COLUMN

COLUMN

HOMEコラム入れてしまったコーヒーはどうしよう?
2020.12.28

入れてしまったコーヒーはどうしよう?

豆知識

先日、ある飲食店に入り遅めの昼食。
時間もおやつの時間帯にも早い時間だったのでほとんど空席でした。

そこで、いつものクセでホットコーヒーを注文しました。
飲んでみると、、、あえて何も言えない・・・。
そういうコーヒーを頂戴しました。

みなさんも、そんな経験ありますよね。
きっと、、、

そこで、今回は「入れたコーヒーを美味しく保存できる方法」をご紹介しま
す。

まず、ご理解いただきたいこと。
コーヒーは「生鮮食品」ということです。

野菜を考えてください。
冷蔵庫も専用のコーナーがあり、一度切ってしまったものは、早めに食べる。
そして、いくらいい状態で保存をしても劣化は進むものです。

コーヒーも同じです。

保存は直射日光、熱、水気、酸素を極力避けることです。

挽いた豆も極力早めに使う!!

これらを守れば、コーヒー豆のいい状態が保たれます。
でも、劣化は進んでいます。

脱線しちゃいました。
ここからが本題です。
入れてしまったコーヒーはどう保存しておくと美味しく飲めるかです。

多くのコーヒーメーカーには「保温機能」がついています。
じつは、これが一番のクセモノなんです。

保温機能は熱であたためているので、ゆっくりと水分が逃げていきます。
あたためている間は時間をかけて煮出しているのと同じことです。
まず、保温機能を切るために電源を切りましょう。

再び飲みたくなったときには、あたため直すと良いでしょう。

コーヒードリップ

最近はポットが魔法瓶になっているコーヒーメーカーも発売されています。
保温に関してはこれが一番理想的です。

そして、入れてしまったコーヒーは極力早めに飲んじゃってください。
やはり、長く置いておくと空気に触れて美味しくなくなっちゃいます。
自分で作ったアイスコーヒーの保存もむずかしいですよね。

結局のところ、コーヒーを美味しく飲みたいんであれば、都度入れていただ
くのが一番美味しいんです。

CONTACT